オホーツクだより

網走自然ガイド&旅人の宿「わしのとまり木」オーナーブログ

夏の流氷物語号?

2017/06/27 19:40
 
170627-007.jpg

170627-010.jpg

見頃を迎えている今日の小清水原生花園です。

今年の冬にJR釧網線網走~知床斜里で運転された流氷物語号はキハ54形気動車に青いラッピングと白いラッピングが施された2両で運転されていましたが、流氷物語号としての運行が終わってからは通常の列車として他の同型車と同じように使用されていて、このラッピング車に当たるのは運次第です。
しかし先週から釧路発網走行き上り快速「しれとこ」と、その折り返し網走15:10発普通釧路行きが1両増結となり、それから白ラッピング車が連日これらの列車に使われています。日曜日までは連日白ラッピング車にルパン三世ラッピング車が連結されていましたが、昨日と今日はルパンに代わり青ラッピング車が連結され、白と合わせたこの2両、まさに夏の流氷物語号といった感じですね。

明日のNHK「あさイチ」での小清水原生花園からの中継は9時20分頃からの予定だそうです。ぜひご覧下さい。
 

網走に大型客船連続入港

2017/06/18 19:47
 
170616s1-016.jpg
この週末は網走港に大型クルーズ客船2隻が連続して入港、多くのお客様が初夏のオホーツクを楽しまれたようです。
まず16日16時に日本の客船「飛鳥Ⅱ」が入港。翌17日17時まで停泊しました。


飛鳥Ⅱが出港した後、今朝7時に外国の客船「ダイヤモンドプリンセス」が入港し、17時まで停泊。写真は今朝北浜駅から撮影です。
このダイヤモンドプリンセスは外国籍の船ですが建造したのは日本の三菱重工。ちなみに飛鳥Ⅱも三菱重工が建造しています。
また、今回は日本を拠点としたクルーズで小清水原生花園にもこの船のお客様が多数来られていましたが、多くが日本人のお客様でした。お話を聞いてみると船内のスタッフも多くが日本人で、言葉など船内で困ることは全く無いそうです。
170618駅展-051


ここ数日気温が低く、霧が出たりして周囲の山々が見えませんでしたが今日は朝から快晴。気温も24.9度まで上がり、夏日にはならなかったものの、心地よい暑さ。
小清水原生花園の天覧が丘からは知床連山や斜里岳など360度の大パノラマが広がり、ダイヤモンドプリンセスのお客様もこの雄大な景色を大いに楽しまれたようです。
170618s1-003.jpg

170618s1-002.jpg


今日午前中に小清水原生花園に来られたダイヤモンドプリンセスのお客様はJR釧網線を利用された方も多く、原生花園駅11:32発の網走行きの列車は網走に戻る船のお客様で大混雑となりました。1両しかないのでせっかくのローカル線で窮屈だったと思いますが、釧網線にお金を落としていただき感謝です。
170618s1-007.jpg


網走には今月28日にも日本の客船「ぱしふぃっくびいなす」が入港、7月25日には再び「飛鳥Ⅱ」が入港します。

 

流氷物語号今季運転終了

2017/02/28 22:02
 
170228s1-003.jpg
1月28日からJR釧網本線網走~知床斜里で毎日2往復運行されてきた流氷物語号が今日で今シーズンの運行を無事に終了しました。
最終日の今日は私もMOTレール倶楽部の仲間達と共に網走市観光ボランティアとして全便に乗車し、車内放送などでご案内させて頂きました。

最終日ということもあり、各駅では一緒にこの1ヶ月間流氷物語号を盛り上げてきた地元の関係者の皆さんがメッセージを掲げて列車を見送りました。
170228s1-006.jpg

170228s1-008.jpg

170228s1-012.jpg


最後の列車となった流氷物語3号が知床斜里駅に到着して私達も降車。いろんな人達の思いを乗せた列車の1ヶ月が終わりました。
170228s1-013.jpg


さて、流氷の状況は今日現在、網走~止別にかけては沖合い遠くに離れており、流氷物語号から見ると止別~斜里の海岸では広い開水面があるものの、沿岸定着氷や、それほど遠くない沖にまとまった流氷群が見られました。
流氷物語号の運行は今日で終わりましたが、流氷は今後もまた接近してくることがあると思います。
 

石北線全線運転再開

2016/10/01 17:15
 
161001s1-010.jpg
先日JR北海道が発表した通り、台風被害で一部区間の運休が続いていた石北線は今日から全線で運転再開となり、8月22日から全便運休していた網走と札幌を結ぶ特急オホーツクも網走発は午後の6号から、札幌発は朝から全便運転再開となりました。
網走発の上り便は車両のやり繰りの都合で午前中の2号、4号は運休でしたが、日中時間があったので札幌からの1号の到着を網走駅に見に行って来ました。1号の折り返しになる6号が運転再開後の網走発特急オホーツクの1番列車となります。


161001s1-009.jpg

161001s1-011.jpg

161001s1-012.jpg


1号は途中小さなトラブルがあったのか、車両点検を行ったとのことで約35分遅れで到着しましたが、大急ぎで車内清掃をして6号は定刻の13時26分に網走駅を発車して行きました。
改札前では到着した1号の乗客と網走発1番列車となる6号の乗客を取材するマスコミ各社の姿が。

網走駅1番線に佇む特急オホーツク。
網走駅の日常が戻って来ました。釧網線は既に全線平常運転しており、明日2日からは特急オホーツク上下全便が平常運転となります。
 

石北線10月1日より全線運転再開

2016/09/26 19:44
 
連続台風により被災して一部区間が不通となっていたJR石北線が10月1日より全線運転再開の見込みとなりました。以下JR北海道のプレスリリースをご覧下さい。
http://www.jrhokkaido.co.jp/press/2016/160926-1.pdf

1日は車両運用の都合で網走発札幌行き特急オホーツク2号と4号、北見発旭川行き特別快速きたみが運休となりますが、それ以外の列車は通常通り、10月2日からは全列車が平常運転となる見込みで、わしのとまり木の夏季営業は10月10日までですが、冬を前に網走と札幌を結ぶ特急オホーツクが運転できるようになるのは本当に嬉しいニュースです。

釧網線に続いて石北線も全線運転再開、あとは極めて甚大な被害を受けた根室線がなんとか冬の観光シーズンに間に合えばよいのですが。
 

  HOME  

プロフィール

金指 功(かなざし いさお)

  • Author:金指 功(かなざし いさお)
  • 2004年に埼玉県からウトロのホテル勤務を経て網走に移住。
    2007年2月から網走自然ガイド「オホーツク遊楽倶楽部」として網走の自然の魅力を伝えてきました。
    そして2013年、オホーツク遊楽倶楽部は網走自然ガイド&旅人の宿「わしのとまり木」に生まれ変わり、新たな出発をしました。

最近の記事

リンク

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

FC2Ad