FC2ブログ

オホーツクだより

網走自然ガイド&旅人の宿「わしのとまり木」オーナーブログ

清里町さくらの滝

2018/08/10 21:30
 
清里町の「さくらの滝」
川に棲むヤマメで海に降りたものが大きく成長して、サクラマスとして産卵のために遡上して来ます。
網走などオホーツク海側の各河川でも見られますが、当宿から車で約40分ほどのここ清里町の「さくらの滝」では、5月下旬頃から今頃まで落差約3mほどの滝を更に上流を目指そうと果敢にジャンプするサクラマスの姿が見られる有名なスポットで、当宿のお客様にもお勧めしています。ただ、公共交通を利用して行くのは現実的には難しいのが残念です。

8日にカラフトマスの遡上が始まったとお伝えしましたが、順番としてはサクラマスの遡上が先で、カラフトマスの遡上が始まる8月中旬頃にはここでのジャンプシーンは大体終わります。
今日のお昼頃に行ってみましたが、美しい婚姻色になったサクラマスがまだひっきりなしにジャンプしているシーンが見られました。まだもう少し見られそうですよ。
180810-039.jpg

180810-010.jpg

180810-018.jpg

180810-032.jpg

180810-042.jpg
 

カラフトマス遡上始まる

2018/08/08 22:47
 
180808-012.jpg
今日もオホーツクの夏らしい爽やかな一日。


周辺の一部の川ではサケの仲間、カラフトマスの遡上が始まりました。
この後今月下旬にはサケの遡上も始まります。
180808-008.jpg

180808-004.jpg

180808-005.jpg

180808-007.jpg
 

涼しい日々

2018/08/05 18:21
 
180805-005.jpg

180805-004.jpg
網走も先月下旬は猛暑に見舞われて、来られたお客様も「せっかく北海道に来たのにこれじゃウチの方と変わらない」と苦笑いされていましたが、その猛暑はすっかり治まり、ここ数日は陽射しは相変わらず厳しいものの、空気がひんやりしてとても爽やかで涼しい日々が続いています。
週間予報でもこの涼しさは当分続くようで、これから道外から来られるお客様は最高の避暑になるのではと思います。
写真は今日の午後の北浜駅と濤沸湖です。
 

爽やかな一日

2018/07/25 21:35
 
180725-002.jpg

180725-001.jpg

180725-007.jpg
今日は一日中晴天で、しかも災害レベルの猛暑に見舞われている道外の皆様には申し訳ないほどの爽やかな、北海道の夏のお手本のような一日でした。

陽射しはやはり夏のきついものですが、ひんやりしたそよ風がとても心地よく、まさに天然のクーラーのようなものでした。
小清水原生花園はエゾスカシユリはほぼ終了し、目立つ花が少なくなってきましたが、黄色いエゾキスゲがいつもより長く持っています。
網走も明日以降は暑くなりそうです。
 

久しぶりの暑さ

2018/07/20 21:58
 
180720-002.jpg

180720-013.jpg
この夏、こちらでは寒い日が多く、17日の夜にも暖房を入れたくらいだったのですが、今日の網走は最高気温28.5度。
久しぶりに暑い一日でした。

小清水原生花園ではピークを過ぎ、エゾスカシユリはだいぶ終わってきました。
でもエゾキスゲは少なくなりながらもまだ結構見られます。
180720-014.jpg


ユリに代わって見頃となってきたのがエゾカワラナデシコとノハナショウブです。
ノハナショウブは濤沸湖側の木道からすぐ近くで見られますよ。
180720-003.jpg

180720-011.jpg


さて、宿泊のお客様から毎年好評の濤沸湖畔のホタル観察ですが、今年も今月13日に初ホタルとなりました。
やはり先月からの長雨と低温の影響なのかいつもより遅く、また数も少ないのですが、今夜は夜になっても気温21度で、依然として少ない数ですが普通に見ることができました。
これから8月10日頃まで見られるでしょう。
 

  HOME  

プロフィール

金指 功(かなざし いさお)

  • Author:金指 功(かなざし いさお)
  • 2004年に埼玉県からウトロのホテル勤務を経て網走に移住。
    2007年2月から網走自然ガイド「オホーツク遊楽倶楽部」として網走の自然の魅力を伝えてきました。
    そして2013年、オホーツク遊楽倶楽部は網走自然ガイド&旅人の宿「わしのとまり木」に生まれ変わり、新たな出発をしました。

最近の記事

リンク

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

FC2Ad